MENU

Performance

健康素材 工法・性能

0宣言の家に住む幸せ

断熱について
素材について
工法について
一覧へ戻る

セレクトリフレックス

一般的にサイディングが安価で作業もしやすいために、日本の住宅の中でサイディングを使った外壁は約8割を占めているといわれています。 サイディング自体の性能はメーカーで差があるものの、どれもサイディング同士の隙間をコーキングで埋める工法。一般にその寿命は3~5年で硬化して剥がれ、メンテナンスが必要となります。

クアトロ断熱工法の遮断塗り壁材として採用した「セレクトリフレックス」は、塗るだけで外壁面に当たる太陽熱を反射し、表面温度を約70%も低減します。外壁温度は、太陽の熱により真夏で93℃近くまで上昇します。ほとんどの外壁仕上げ材は反射性に乏しく、太陽の熱をほとんど吸収してしまいます。さらにこのような外壁面は放射率が低いので吸収した熱を放出せず蓄熱してしまいます。外気温が下がった後も外壁は熱いままなのです。

セレクトリフレックス
セレクトリフレックスは中空セラミックと高品質の顔料を使用したアクリルエラストマー系仕上げ材で、美観に優れ壁面の温度を上昇させず冷房費を削減します。 また、耐火性にも優れています。セレクトリフレックスは弾力性や柔軟性に優れていますので、スタッコ製品にありがちなヘアークラックもほとんど入りません。アクリルベース(純度100%)ですので、接着性も高く耐候性にも優れています。白亜化しないルチル酸化チタンだけを使用し、有効性の高い防カビ材を配合してありますので過酷な気象条件の下でもクリーンな壁面と美しい色を保持します。骨材にはライムストーンを使用しています。ライムストーンは酸化鉄成分を含んでいない為、酸化による色素沈着の心配がありません。また健康に配慮したホウ酸による防カビ、防藻処理もなされています。

赤外線ランプによる遮熱・断熱試験

試験体 A:EPS断熱材4号品(ア)20mm + セレクトリフレックス片面コテ塗り B:EPS断熱材4号品(ア)20mm + アクリルフィニッシュコート片面コテ塗り

赤外線ランプ照射側(塗り面側)表面温度 照射時間10分 試験結果 赤外線ランプ照射側(塗り面側)表面温度 照射時間1時間 試験結果
COPYRIGHT(c)2016 ZEROSENGEN All RIGHTS RESERVED.

ページ
トップへ