MENU

Performance

健康素材 工法・性能

0宣言の家に住む幸せ

一覧へ戻る

基礎断熱

基礎断熱とは、基礎の立上り部分に断熱材を施工し、建物の外周部で全ての断熱を行う工法です。床下と室内それぞれの温度差が少なくなり、より快適な空間を実現します。基礎断熱工法は、元々床断熱に替わる断熱技術として外国で生まれ、北海道の住宅で試行、検証され、昭和50年代に寒冷地の汎用技術として確立しました。

床断熱時 基礎断熱時

・冬の冷気自体を建物内部に取込まない為、安定した暖かい室内環境を効果的に実現する事が出来ます。

・従来の床断熱の場合、夏期に高湿気となる床下を、安定した室内空間とする為、床組の木材に腐朽菌がよりわかない。(長寿命)

基礎断熱に使用する現場発泡断熱材

「住宅の安全確保は何よりも優先されるべきもの」という考え方の元、全棟構造計算を実施。強度を十分に満たした構造体とする事が第一です。さらに建築に使われる木材に対して、品質・性能に関する信頼性がますます求められているなか、特に柱には圧縮強度の高いものを、梁には曲げ強度およびせん新強度の高いものを選んでいます。私達は、土台や柱など家を支える木材の強度や含水率を測定し、一定の基準を満たした乾燥材のみを使用。強さと信頼性の高い家づくりを行っています。

基礎断熱に使用する現場発泡断熱材

0宣言の家の基礎断熱工法

0宣言の家では、基礎の内側立ち上がり部分及び土間コンクリート部分(基礎から1m)に発泡性の断熱材を施工します。

0宣言の家の基礎断熱工法 0宣言の家の基礎断熱工法

内側基礎断熱にする理由

基礎断熱にも、基礎の内側で断熱する方法と、外側で断熱する方法の2種類の方法があります。私達は、長年の住宅メンテナンスの経験において、外側での基礎断熱工法では、断熱材の隙間から建物内部に侵入してしまう「住宅の大敵シロアリ」を多数確認しています。
「シロアリ」を防ぎ、保守メンテナンスを容易にする事で、住宅を長持ちさせる為、私達は内側基礎断熱工法を採用しています。

内側基礎断熱にする理由 内側基礎断熱にする理由
COPYRIGHT(c)2016 ZEROSENGEN All RIGHTS RESERVED.

ページ
トップへ