MENU

Performance

健康素材 工法・性能

0宣言の家に住む幸せ

一覧へ戻る

ハイブリッド工法

設計制限を受けずリフォームの場合も対応しやすい在来木造軸組み工法、そして耐震という側面では強さに定評がある2×4壁工法、それぞれの特長を生かした工法となっています。
まず構造自体は在来軸組み工法で行います。土台、柱 梁で組上げしっかりとした木造軸組み構造にします。通常の軸組み工法はそれに筋交いを施工するのですが、2×4壁工法の強さを得るために この構造材の外側に耐力壁としてパネルを張り、詰め、なおかつ必要とされる部分には筋交いを施工します。これで軸組み工法と2×4壁工法の良さを合わせ持つ、地震に強い家の構造が完成します。

新素材構造パネル「モイス」

新素材構造パネル「モイス」 モイスとは 般的な2×4で使用される構造用合板に比べ、
耐震性や断熱、 調湿、 防火、防蟻性なども考慮した画期的な新素材です。

剛構造

柱や梁などの構造材には、構造計算により
安全値を確認した地震に強い無垢材を使用

「住宅の安全確保は何よりも優先されるべきもの」という考え方の元、全棟構造計算を実施。強度を十分に満たした構造体とする事が第一です。さらに建築に使われる木材に対して、品質・性能に関する信頼性がますます求められているなか、特に柱には圧縮強度の高いものを、梁には曲げ強度およびせん新強度の高いものを選んでいます。私達は、土台や柱など家を支える木材の強度や含水率を測定し、一定の基準を満たした乾燥材のみを使用。強さと信頼性の高い家づくりを行っています。

COPYRIGHT(c)2016 ZEROSENGEN All RIGHTS RESERVED.

ページ
トップへ